こどもカウンセリング研究所

当サイトは、内閣府が推進している東京都の子育て支援事業協賛店として登録されています


お子様が相談できるお部屋をご用意しております

【各種心理検査】

WISC-Ⅳ

 東大TEGⅡ YG性格検査 バウムテスト LD判断のための調査票 自閉症スペクトラム指数 PNPS養育行動尺度 など・・

オンライン予約

お子様の心理カウンセリング・心理検査のご予約ができます
保護者様のみのカウンセリングにも対応いたします

ご提供内容


知的能力検査 WISC-Ⅳ  

5歳0ヶ月-16歳11ヶ月

60-90分

世界でも広く利用されている代表的な児童用知能検査です。
 21世紀は心的障害の早期発見が急務とされ、日本では5歳児検診において精神障害や特性が判明するケースが多く存在しています。
 しかし、5歳以降もなお、曖昧なまま過ごし生活のしづらさを抱えて困難を来している子どもも少なくありません。
 年齢を重ねるにつれて、生きづらさを抱えるようなリスクが大きくなっていきます。
 心理学では、学習障害を知能と学力の差であると捉えます。この差を早期発見することが子どもの困難さを排除することにつながります。
 現在、知的能力検査の主流とされているのがWISC-Ⅳですが、決して発達障害の診断を行う検査ではありません。また、この検査をもって一人の人格全てを読み取るわけではなく、生活背景や日々の過ごし方などの情報と照らし合わせ、成長の変化を観察していくことによって、より正確な理解に近づけていくことができます。なせ読み書きや計算が苦手なのか、なぜ生活のリズムが整わないのか、なぜ他の子との違いを感じてしまうのか、などつまづきの原因究明を果たす役割があります。総合的なIQの他、言葉の理解度、知覚感覚や推理能力をどの程度備えているのか、記憶や作業能力が日常生活に生かされているかなどを判定します。それぞれ数値で算出され、それらの合成得点を参考値として、子どもの知的発達の様相をより多面的に把握することが可能となります。その上で、生活や学習に対して有効な支援方法を提案させていただきます。

遺伝子検査

訪問支援